「デジモンプロデューサーへの道」第3回〈キャラクターデザイン〉
2022/08/26
2367 views
8
クリップ

皆さんこんにちは!「デジモンパートナーズ」の運営や、新作映画『デジモンアドベンチャー02 THE BEGINNING』でアシスタントプロデューサーを務める下村です。この記事は、「最高のデジモンプロデューサー」を目指しながら、デジモンファンの皆さんにさまざまなレポートを発信していこうという連載企画です。


本日は、第3回〈キャラクターデザイン〉編をお届けします。


▶第1回〈企画書〉編は[こちら]から

▶第2回〈プロット〉編は[こちら]から


7月30日に開催された「デジフェス2022」では、新作映画の冒頭シーン&正式タイトル『デジモンアドベンチャー02 THE BEGINNING』が公開され、登場キャラクターたちの姿がお披露目されました。

そこで今回は、アニメ制作のまさしく「顔」を作る「キャラクターデザイン」についてのレポートです。


今作では大輔たち『02』の2012年時のキャラクターになりますが、基本的に『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』のデザインがベースになっているとのこと。そこで、『LAST EVOLUTION 絆』の際はどのようにキャラクターデザインの作業を進行したのかを、木下プロデューサーに聞いてみました。


まずはこちら、『デジモンアドベンチャー02』放送当時のキャラクター対比表です。

この資料を参考に、物語の舞台である2010年時点でのキャラクターの性格や身長、現在やっていることなどを、田口智久監督、関弘美プロデューサーと決めていきました。そして、キャラクターデザインを担当する中鶴勝祥さんへ。制作を依頼する際にキャラクターに関する内容をお伝えし、イメージを膨らませてデザインしていただいたそうです。

このテキストは、実際に田口監督たちと一緒に決めた、キャラのプロフィール内容の一部です。中鶴さんにキャラクターデザインを依頼した際のポイントは、過去に中鶴さんご自身が作った2002年当時の小学生時代の手足が大きいデザインから、背を伸ばし頭身を高くするという点。そこに、大輔の場合は「まっすぐ育ち、小学生の時の印象から変わらない」というイメージをお伝えしました。その結果、田口監督や木下プロデューサーのイメージ通りの大ラフがあがり、さらに中鶴さんから甚平を着るアイデアが出てきたとのことです。

(中鶴さんから最初に上がってきた大ラフ)
(中鶴さんのアイデアが盛り込まれ完成したキャラクターデザイン)

ここからは、アニメーション用のキャラクターデザイン制作へ。立川聖治さんに依頼し、衣装違いなども制作しながら細かいデザインを整理していき、大輔の雰囲気を深めていきました。

(立川さんが制作した大輔の線画)
(立川さんが制作した大輔のアニメーション用キャラクターデザインの完成画)

このような流れで、『02』メンバー全員のキャラクターデザインは完成していきました。

そして、今回の『THE BEGINNING』の大輔がこちらです!

これは、2012年2月時点の大輔です。容姿は『LAST EVOLUTION 絆』が元になっていますが、冬服は『02』も参考にしつつキャラクターデザインに落とし込んでいったそう。

こうして完成したキャラクターデザインを使用して、さまざまなアニメーションが制作されていくんですね!


〈今回のまとめ〉


▶監督たちと考えたキャラの設定やイメージを、キャラデザ担当者にきっちりと伝達することが大事!

▶イメージがしっかり伝わっていれば、キャラデザ担当者からよりよいアイデアが生まれてくることも!?


次回も、この先の工程についてレポートを発信する予定です! お楽しみに♪

39件の「リアクション」がありました。
全39件の「リアクション」がありました。
  • 27
  • 1
  • 1
  • 10
「デジモンプロデューサーへの道...
画像・動画を追加
【ご注意】投稿はご自身で撮影したものに限ります。人物キャラクターなど第三者の著作権、肖像権を侵害するおそれのある投稿、その他事務局が不適切と判断した投稿は非公開とさせていただく場合がございます。
投稿できる動画の形式は一般的な形式(MP4, 3GPなど)に対応しています。(MOV形式はスマートフォンからのみ投稿可能です。)
8
今回はキャラデザインのお話! 02放送当時のイラストも拝見出来て懐かしい気持ちになりました✨ 貴重な資料も見せて頂きありがとうございます✨ 次回の投稿も楽しみにしてますね😊
Translate
2022/08/30
3回目はキャラクターデザインさんのお仕事! 物語のキャラをキャラデさんに依頼するまでの 流れが凄くわかりました! (これ読みながら、ゴスゲだと、フロンティアだと・・とか色々置き換えて考え中でとても勉強になりました!) 今までの個人的なイメージは、キャラ依頼する際ってざっくりと年齢(大学生くらい)とざっくりとした性格だけ書いて あとはキャラデさんにお任せかと思ってたんですが、 キャラの人生の履歴書みたいなメモ。そして各キャラの 細かい服装のイメージは監督さん・プロデューサーさんの方で かなり細かく決めて依頼する点は驚きました! イメージしてる服装とかが載ってるであろう、雑誌の名前 とかも書かれてたりでその点もなるほどとなりました! そして中鶴さんの実際のキャラデのイラストが見れたのも嬉しいですね! ちゃかり大輔のうちわのデザインにもグッときてたりw ちなみに、大本のキャラデさんの他にアニメーション用のキャラデを 制作する工程がある事は読んでて初めて知ってここも驚きです! でも大本のキャラデさんが最初からアニメーション用を描くのではなく 更にアニメーション用として描く人がいるのには 何か理由があるのかな?という疑問が!?湧いてきました。 (アニメーション用と大本のキャラデさんで何が違うんだろう的な・・) 次回はどんな工程がレポされるのか楽しみです! 今回もありがとうございました!
Translate
2022/08/28
😍😍😍
2022/08/28
ファッションイメージがわかるのありがたいです…!身長もわかるなんて…!ますます楽しみになりました
Translate
2022/08/26
懐かしすぎて感激してるのとデジモンのアニメはこうして出来るんだなぁと心の中で大号泣…
Translate
2022/08/26
もっと見る
シェアする
facebook
Twitter
LINE
投稿の報告
「デジモンパートナーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
©本郷あきよし・東映アニメーション
©本郷あきよし・東映アニメーション ©東映・集英社・東映アニメーション
©本郷あきよし・東映アニメーション ©東映・東映アニメーション・集英社・フジテレビ・バンダイ
©本郷あきよし・東映アニメーション・デジモンCGプロジェクト
©2006 DSTM製作委員会
©2009「とびだす!3D東映アニメまつり」製作委員会
©本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
©本郷あきよし・アプモンプロジェクト・テレビ東京
©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI
©BANDAINAMCO Entertainment Inc