「デジモンプロデューサーへの道」第2回〈プロット〉
2022/07/13
3965 views
いいね ほしい びっくり ありがとう
1
クリップ

皆さんこんにちは!「デジモンパートナーズ」の運営や、デジモン新作映画でアシスタントプロデューサーを務める下村です。この記事は、「最高のデジモンプロデューサー」を目指しながら、デジモンファンの皆さんにさまざまなレポートを発信していこうという連載企画です。


本日は、第2回〈プロット〉編をお届けします!

▶第1回〈企画書〉編は[こちら]

▶第3回〈キャラクターデザイン〉編は[こちら]

▶第4回〈キャラクターデザイン-デジモン編-〉は[こちら]

▶第5回〈シナリオ〉編は[こちら]

▶第6回〈絵コンテ〉編は[こちら]


7月30日に開催される「デジフェス2022」で、新作映画『デジモンアドベンチャー02(仮題)』の冒頭シーンが公開されることが発表されましたね!

今回は、木下プロデューサーが、監督の田口智久さんや脚本の大和屋暁さん、スーパーバイザーの関弘美さんと「プロット」について打ち合わせをしてきた時の資料の一部を持ってきました。 


ここまで粛々と制作が進められてきた新作映画ですが、その過程で初期段階に行われる行程のひとつが「プロット作り」です。  

「プロット」とは、作品の物語の大筋が書かれているもの。シナリオ作りに入るまでに、作品のテーマになるような場面や、簡単な設定など、「何を描く作品なのか?」を決めるための工程です。確定したプロットは、脚本やキャラクター設定など、このあとに続くいろいろな作業のいわば“基礎”になるということのようです。


まず、これまでの『デジモン』アニメシリーズのプロットはどのようなものだったのかを調べてみました! 

見つかったのは、劇場版『デジモンアドベンチャー』のプロットです。

こちらは関プロデューサーが保存していた当時の資料。その頃は、FAXで送られてきたものをチェックしていたとのことです。これは本当に初期段階のもののようですね。タイトルが『デジタルモンスター』になっている点や、舞台設定、主人公の名前が、我々が観た実際の映画とは異なり、ここから改稿されていったんだと想像できます。そのなかでも、登場人物の一人である「ヒカリ」という名前や、額をくっつけて「トモダチ」という点など、要素として残っているものもありますね!

 

そして今回の『デジモンアドベンチャー02(仮)』のプロットですが・・・

このプロットが書かれる前に、プロデューサーから今回やりたいと思っていることが伝えられ、それをもとに4人で打ち合わせをした後、“たたき”としてあがった1稿目がこちらだそうです。

そして、すみません…。1ページ目からネタバレ必至なワードが沢山散りばめられているため、黒塗りされてしまいました。読むことが出来るテキスト部分も、このプロット1稿からはかなりの変更がなされているそうです。思っているより重要な情報が詰め込まれているとのことで、「これが限界」と言われてしまいました。しかし、1番はじめに書かれたことは、作品テーマとして残り続けているとのことです!

〈今回のまとめ〉


▶「何をする作品なのか?」プロットは作品の大筋をまとめた、いわば“基礎”!

▶“基礎”になるため、納得いくまで何度も改稿を繰り返す場合がある。それにより、面白い作品へと昇華していく!

  

さて、このプロットからどんどん作品作りは広がっていくのですが、新作映画はどのような形にしたのでしょうか…!?「デジフェス2022」で、冒頭シーンの最初の目撃者になってくださいね!


次回は、キャラクターデザインのレポートを発信する予定です。お楽しみに!!

この記事のタグ
  • #連載企画
  • DP会員からのリアクション
    DP会員からのリアクション
    • 22
    • 0
    • 2
    • 10
    「デジモンプロデューサーへの道...
    あと1000文字
    画像・動画を追加
    【ご注意】投稿はご自身で撮影したものに限ります。人物キャラクターなど第三者の著作権、肖像権を侵害するおそれのある投稿、その他事務局が不適切と判断した投稿は非公開とさせていただく場合がございます。
    1
    今回は「プロット」という工程のお話! 1作目のデジモン映画の話は最初太一の父親の話にしようとしていた(昭和30年代頃)でもダメって言われて怪獣映画になった(笑) というのは「DIGIMON MOVIE BOOK」などで知りました。なので、それを知った時から どんな話だったんだろう?ってずっと気になっていたんですが、 まさに!その初期プロットを今回見ることが出来て本当に大感動&嬉しかったです! 読んでみると、実際完成された劇場作品の中にプロットの面影がどこか残っていて、プロットが『作品の完成形』ではないですが、確かに『作品の"基礎"』なんだと理解することが出来ました! そして、木下Pさんの描いた、ラスエボ後のプロット内容の黒塗り部分を色々想像しながら、 映画が公開されるのを心待ちにしています。公開後黒塗り部分がいつか 「こういう内容だったのかぁ!」って分かる日が来ることも 楽しみにしつつ・・・ww今回も素敵なレポありがとうございました! 次回の「プロデューサーへの道」も心から楽しみにしています!!
    Translate
    いいね ほしい びっくり ありがとう
    2022/07/18
    シェアする
    facebook
    X
    LINE
    投稿の報告
    「デジモンパートナーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
    該当する理由を選択してください。
    キャンセル  
    投稿の報告
    通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
    閉じる
    ご協力ありがとうございました
    ※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
    注意事項
    ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
    ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
    ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
    閉じる
    ©本郷あきよし・東映アニメーション
    ©本郷あきよし・東映アニメーション ©東映・集英社・東映アニメーション
    ©本郷あきよし・東映アニメーション ©東映・東映アニメーション・集英社・フジテレビ・バンダイ
    ©本郷あきよし・東映アニメーション・デジモンCGプロジェクト
    ©2006 DSTM製作委員会
    ©2009「とびだす!3D東映アニメまつり」製作委員会
    ©本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
    ©本郷あきよし・アプモンプロジェクト・テレビ東京
    ©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション
    ©BANDAI
    ©Bandai Namco Entertainment Inc.