映画『デジモンアドベンチャー02 THE BEGINNING』特別企画!キャラクター振り返り【伊織 編】
2023/08/27
6971 views
いいね ほしい びっくり ありがとう
5
クリップ

2023年10月27日初日公開となる映画『デジモンアドベンチャー02 THE BEGINNING』!

この記事は、毎月27日に『02』メンバーのこれまでをざっくりとおさらいしていくシリーズ企画です。


第1回「ヒカリ 編」はこちら!

第2回「京 編」はこちら!

第3回「タケル 編」はこちら!

第5回「賢 編」はこちら!


映画公開まであとか月の本日、第4回は「火田伊織」編としてお届けします!


真っ直ぐな心を持つ剣道少年

伊織は大輔たちと同じお台場小学校に通う3年生で、京とタケルと同じマンションに暮らしています。剣道をたしなみ礼儀を大切にする言動から、常に丁寧でまじめな様子が伝わる伊織。

そんなある日、学校にいた伊織はパソコンから飛び出した黄色の光を受け、D-3を手にします。

覚悟を決めてデジタルワールドへ飛び込んだものの、いきなりデジモンに襲われ体の震えが止まらない伊織。しかし仲間に支えられながら「知識のデジメンタル」にたどりつき、アルマジモンと出会います。光子郎の「僕たちは仲間です」「一緒に考えましょう」という言葉にも後押しされ、デジタルワールドをめぐる冒険に挑んでいきました。

光子郎のような知りたがる心と、丈のような誠実さを併せ持つ伊織。そのまっすぐな心は、アグモンを連れ去ったデジモンカイザーに対し「軽蔑する!」と言わせ、強い反発心を生みました。そして時に、強情な一面を見せることも。メガシードラモンにより海中に閉じ込められた時、自分の責任を感じた伊織は仲間を置いてひとり脱出することを拒み、「誠実のデジメンタル」を受け取ることも拒否します。しかし、仲間たちや丈、アルマジモンの温かい言葉は、そんな伊織の心を解きほぐし、彼を一歩前に踏み出させました。

自分自身と迷いに向き合い続けて

一条寺賢が改心した後も、過去のデジモンカイザーとしての悪行から賢をなかなか許せずにいた伊織。しかしアルケニモンの罠にはまったとき、賢の言葉に励まされ、ともに知恵を合わせて解決の糸口を見つけたことで、少しずつその態度を軟化させ歩み寄ろうと努力するようになります。

まだまだ伊織の悩みは続きます。操られていないデジモンとの戦いや心を持つブラックウォーグレイモンに戸惑いをおぼえ、自身の在り方に迷いを感じることも。さらにはタケルとの考え方の違い、また、自分の生真面目さがジョグレス進化ができない一因となっているのではと苦悩します。

それでも伊織は自分なりの方法で考え続け、タケルとの関係性や自分自身を見つめなおし、柔軟さを身に着けていきました。その結果、アンキロモンはエンジェモンとジョグレス進化を果たします。

父の存在

幼いころに経験した、警察官だった父との離別。人を守ること、そのために敵のデジモンを倒すこと。目的と行動のはざまで葛藤する時、常に父の存在がありました。そんな折、暗黒の種を使って暗躍しているのが父の幼なじみである及川由紀夫だったことが判明します。しかしもはや冒険を始めたころの伊織ではなく、彼の父への想いや考え続ける姿勢は、ベリアルヴァンデモンの幻想を迷いなく打ち破る強さとなっただけでなく、敵であった父の友人が倒れた姿に誰よりも早く駆け寄る優しさへと変わっていました。

いつも明るくのんびり屋のパートナー

伊織と初めて出会ったとき、あくびをしながらお礼を言っていた朗らかなアルマジモンは、まるで名古屋弁のようなしゃべり方のマイペースなデジモン。伊織の母が作るおはぎや祖父からもらったチューチューゼリーが大好物な、食いしん坊の一面も。生真面目な伊織とは正反対ながら、のびのびと朗らかなアルマジモンは伊織を安心させ、満面の笑顔を引き出す力を持っている良きパートナーです。

弁護士の夢へ向かって鍛錬を積む日々

エオスモンの事件の際、伊織は高校へ進学。剣道を続けながら、弁護士を目指して勉強していました。ヤマトからの依頼で大輔たちとともにアメリカに渡り、持ち前の冷静な考察でメノアや井村の調査に協力しています。

『ビギニング』では高校3年生となっていますが、外見にはあまり変化がない様子…!?でも、すでに夢に向かってアルバイトを始めている模様です。伊織の成長や活躍する姿を見られるのが楽しみですね!

『デジモンアドベンチャー02 THE BEGINNING』田口智久監督による絵コンテから初公開!


最後に…

皆さんの好きな伊織のエピソードやセリフは何ですか? コメント欄にて教えてください!


とあるDPスタッフによる…

伊織のおすすめストーリー3選

『デジモンアドベンチャー02』16話 サブマリモン海底からの脱出

『デジモンアドベンチャー02』35話 爆進!ブラックウォーグレイモン

『デジモンアドベンチャー02』36話 鋼の天使シャッコウモン


とあるDPスタッフによる…

伊織の好きなセリフ!

「僕は心をもったあなたとは戦いたくない!」

*『デジモンアドベンチャー02』35話 爆進!ブラックウォーグレイモン より

次回の特集は9月27日公開予定!お楽しみに♪ 


DP会員からのリアクション
DP会員からのリアクション
  • 13
  • 0
  • 1
  • 5
映画『デジモンアドベンチャー0...
あと1000文字
画像・動画を追加
【ご注意】投稿はご自身で撮影したものに限ります。人物キャラクターなど第三者の著作権、肖像権を侵害するおそれのある投稿、その他事務局が不適切と判断した投稿は非公開とさせていただく場合がございます。
5
総じて、伊織君は誠実で、丈先輩以上のカタブツだったとはっきり憶えてます。特にここでも紹介されてるサブマリモンの回では、京さんの良かれと思ったイカサマに激怒するなど、良くも悪くも真っ直ぐな面が印象的でした。そんな回では元カタブツ(?)の丈さんに諭されて落ち着きを得て、サブマリモンとのコンビネーションを見せてましたね。
あと、彼の父、浩樹さんに負い目を感じてたせいかお祖父さんの主税(ちから)さんがたまにユーモアを交えていたり、及川さんを説得してたりと、火田家はデジモン02の大きな柱のひとつだと言えます。
Translate
いいね ほしい びっくり ありがとう
2023/08/28
印象的な回というと既に列挙されているので、デジタルワールドの冒険を通して伊織がどういう成長をしたかを書きたいと思います。

それは将来の夢が冒険を通して変化した人物であるという事です。

最初は父親の様に悪に立ち向かう警察官を目指していていたが、冒険を通して賢や及川のように自らの過ちで罪を犯してしまった人に触れることにより、その心情を変化させていく様子が印象的でした。冒険の後のドラマCDの引用では「人が何か悪い事をするときに、その人の心に何が起こっていたかを知りたくなった」と発言しています。これは罪を絶対的に悪としていた初期から、考え方が大きく変化する事を意味します。

時が経ち、ビギニングでは法学部の進学を決めているとあるので伊織が"悪への向き合い方"を自分なりに具体化させたのが弁護士という道なんだと感じました。
Translate
いいね ほしい びっくり ありがとう
2023/08/28
伊織で印象に残ってるのは、映画デジモンハリケーンで、アンティラモンを追いかけてきたディグモンを見て、ディグモンの登場だけ地味だ的なセリフを言ってたのを思い出しますね(笑)

自分のパートナーにキツいダメ出しするんだな〜と、笑いながら見てました(笑)🤣
Translate
いいね ほしい びっくり ありがとう
2023/08/27
伊織のメイン回ではないのですが、第49話で賢に「一緒に戦いましょう」と笑顔で呼び掛ける場面が好きです。
賢の事を受け入れるのに仲間内で一番時間がかかっていたので、伊織の心境の変化が感じられる印象的なセリフだと思っています。
Translate
いいね ほしい びっくり ありがとう
2023/08/27
it's almost gonna be the following month
翻訳
いいね ほしい びっくり ありがとう
2023/08/27
シェアする
facebook
X
LINE
投稿の報告
「デジモンパートナーズ」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる
©本郷あきよし・東映アニメーション
©本郷あきよし・東映アニメーション ©東映・集英社・東映アニメーション
©本郷あきよし・東映アニメーション ©東映・東映アニメーション・集英社・フジテレビ・バンダイ
©本郷あきよし・東映アニメーション・デジモンCGプロジェクト
©2006 DSTM製作委員会
©2009「とびだす!3D東映アニメまつり」製作委員会
©本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
©本郷あきよし・アプモンプロジェクト・テレビ東京
©本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI
©Bandai Namco Entertainment Inc.